• cordially-happines

飼い主様に伝えたい事 vol.1





愛犬の問題行動から、飼い主様は自分なりにネットなどで問題行動の直し方を探して試行錯誤したり、犬友に聞いたりする流れになると思います。


それでも問題行動が収まらない愛犬に対し、、、

訓練所/訓練士/犬の幼稚園/躾教室/イベントでの教室などへ問い合わせをしたり、

参加する飼い主様は多いかと思われます。



そんな愛犬の問題行動に悩む飼い主さんへの第1のアドバイスは…


『どんな人に聞けばよいか?』となります。



例えば‥

貴方が『お腹空いた!』としましょう。

貴方は『何を食べようか迷い』

貴方は『和食』を食べたいと思ったら、美味しい『和食店』を探して行くでしょう。


お腹空いた!食べたい!と思っても、和洋折衷、色々あります。



そこで、この『和食店』が、訓練所/訓練士と思えば良いでしょう!


『お腹空いた…』これが愛犬の問題行動になります。



『何を食べようか‥!?』


この『何を食べようか!?』部分が、飼い主様が気づかない??ポイントなのです。



訓練所/訓練士と謳う方々は、料理人と同じで、色々な訓練士がいます。




料理人/調理師も、基本的に調理方法全般に精通してますから、和洋折衷…そつなくこなします。


そんな料理人/調理師も、得意分野に分かれますよね。

和食の料理人

洋食の料理人…


勿論、和や洋でだけではなく、中華、イタリアン‥たくさんありすぎて省きますが…

訓練所/訓練士も同じなんです。




飼い主さんは、愛犬の問題行動に対し、どんな技術で問題行動を直す訓練士さんなのか!?‥と知る事で、愛犬の問題行動に対し、1番ベストなアドバイスをもらえる訓練士さんか判断してくださいませ。




プロ訓練士となれば、どんな問題行動のワンちゃんに対しても、飼い主様よりそつなく扱います。

これは、先の例の『料理人/調理師』と同じで、料理全般、そつなく出してくれるのと同じです。



飼い主様は、、、


何の料理人?どんな調理師?どんな調理法?と考えるように、


どんな訓練所?どんな訓練士?どんなトレーニング?と考える事が、1番良いアドバイスをもらえる事となります。



訓練士さんが、どんな技術力・活動を元に問題行動を直して良い犬にしているか!?

どんな犬が良い愛犬と言うか!?

飼い主様は、この2点を把握し、訓練所・訓練士に相談されると早く良い子になる可能性は高くなるでしょう。





一般的に犬の訓練士と言うと、ほとんどの方は、ニュースや事件、捜索している警察犬のイメージから、警察犬訓練士さんと思われる方々がほとんどです。


和洋折衷ではないですが、訓練士さんにも色々なタイプ?訓練士さんがいます。


簡単に分けると、一般的に認知される訓練士は警察犬訓練士となりますが、

警察犬は、競技会で良い成績を獲得して警察犬になれるので、競技会で良い成績を獲得出来る犬にする訓練士です。


盲導犬・災害救助犬、セラピードック諸々・・・

実は訓練士も多種多様あり、ワンちゃんを良い子にすると言う方向性は同じですが、その訓練技術から、問題行動を直す仕上がり方が飼い主さんにとって、ベストアンサーをではないのも現状ではないでしょうか?



訓練士は、問題行動に対し、何でも直せる、出来ると言いがちですが、訓練士さんの持つ技術内容から、訓練士さんがさせたい?したい?方向の良い犬なります。

それが訓練士さんが思う良い子だからです。





もっとざっくり言えば…

警察犬訓練士さんの技術力は、競技会で良い成績を納めれる技術力で良い犬にします。

良い成績は賞状や記録となり、大変な努力と技術がないと獲得は無理です。

確かに、その成績を獲得させる技術は大変な技術力です。

救助犬も内容に応じた大会はありますし、盲導犬は、言わずとしれる功績から分かると思います。



そこで『問題行動する家庭犬って何?』


一般家庭犬って、競技会や大会参加で良い成績を獲得するのではなく、


『吼えないでくれ・・・』『噛まないでくれ・・・』『ちゃんとトイレしてくれ・・・』


御相談の8割がこちらの3点がメインです。



この3点を直すのに、どんな技術力・どんな管理で直すのか?なのです。



これに対し、ハピネスの技術力・管理体制は、セラピードックの育成が基本です。


簡単に言えば、、、

『初対面の人に対して吠えない』のは勿論、、、

『初対面の人にどこを触られても平気な子』

『初対面の犬に対しても社交的』

『トイレの粗相はしない』などなどをはじめ、、、


高齢者、障害をお持ちの方々、幼児にも優しく接する事が出来るワンちゃんにする技術力のハピネス朝霧訓練所です。


ハピネス自身、その手の資格証はありますが、大袈裟に告知してもあまり意味がないと思い掲示していません。。。








犬に対しての関係を築くのに、基本服従からのドックスポーツ/競技会的な技術ではなく、犬とのドックライフに癒しを求めたセラピーの技術力を高め、問題行動をする愛犬の矯正をします。



ハピネスのしつけトレーニングは、すべてのワンちゃんではないですが、セラピー犬としての活動が出来る方向の愛犬にします。







食では、和食・洋食・中華・イタリアン‥e.t.cとあるように、訓練士さんにも専門分野があり、技術内容が違うんです。

訓練士さん自身も、この部分を分からない?言わない??言いたくない??方が多く、我最高と・・・謳う方が多くなりがちです。



今回は、これを飼い主様にお伝えしたい話しとします。






それを踏まえ、、、

愛犬の問題行動に悩んだ飼い主さんは、問題行動を何頭も直した経験をもつプロの訓練士さんからのアドバイスを仰いでくださいませ。



プロの訓練士さんならば、良い子になった愛犬と、どんなドックライフを楽しみたいか?出来るか?まで相談できますので、自分にドックライフに合うプロの訓練士さんに出会ってください。








無駄鳴き・トイレ・引っ張り癖・拾い食い・社交性・落ち着き・噛みつき・本気噛み、、、


愛犬のすべての問題行動対応するハピネスです。


お気軽にお問い合わせくださいませ。