訓練入舎犬のご紹介②

入所したワンちゃん達を少しご紹介させていただきます!

ロイ君

ロイ君

(イタリアングレーハウンド) 1歳

落ち着きの無さ、トイレトレーニングのご相談からでした。

​家庭犬としての基本トレーニングの入れ込みを基本に、社交性など、全般的に見直す機会での入舎となりました。

アレックス君 

アレックス君

(アイリッシュセッター) 1歳5ヶ月

逃走歴多数のアレックス君。

呼び戻しをはじめ、引っ張り癖、家庭犬としての基本服従トレーニングのご相談からの入舎となりました。

マーキング的な足上げオシッコをせず、室内の決められた場所に出来るようにと、、、

​日々、飼い主様が悩まれていたそうでした。

こころ君 

こころ君

(シーズー) 1歳10ヶ月

家庭以外に会う事が殆ど無かったこころ君。

内弁慶がエスカレートし、社交性の薄さもあり、飼い主様への嚙みつきに悩まされてのご相談を受けました。

​愛犬診断をさせて頂き、飼い主様依存症も強く、トレーニング入舎となりました。

ぽん君 & ぷぅーちゃん

1.JPG

(トイプードル) 8ヶ月と6ヶ月

何でも食べてしまうぽん君は、アルミ缶を食べてしまい緊急搬送となりました。

甘噛みがエスカレートし、噛みつくぷぅーちゃんで、獣医さんに相談し、ハピネスへの入舎となりました。問題行動を見に愛犬診断に行くと、その他、諸々、問題行動に悩む飼い主様様との相談から、2頭一緒にトレーニング入舎となりました。

甚太君

2.JPG

(柴犬) 1歳6ヶ月

本気咬みでのご相談からでした。これまで何度も事故をおこしてきた甚太君。

いくつかの訓練所/訓練士さんにご相談した中で言われた言葉は『手遅れです』と。。。

その後、ハピネスを紹介され、ご相談いただきました。手遅れですなんて事はありません。ハピネスではよくご相談を受けるタイプですと入舎となりました。

サム君

3.jpg

(ジャーマンシェパード)1歳

サム君を迎え入れ、すぐに数か月間、訓練所に出したそうでした。家庭犬しつけの入れ込みをお願いしたサム君ですが、なかなか扱いにくくご相談をうけました。愛犬診断をさせていただくと、訓練的な動きは良いのですが、犬同士では喧嘩し、極度の引っ張り癖もあり、訓練士が扱うなら良い状態でした。訓練としつけの違いを入れ込みながら、飼い主様指導トレーニングとなりました。